鳩山新政権の幹事長に小沢一郎氏が返り咲く?

2009年9月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

鳩山民主党政権が誕生した場合、小沢一郎前代表が幹事長に就任するとの観測が広まっている。今年3月に政治資金規正法違反で公設秘書が逮捕された小沢氏は2カ月後に代表を辞任。代表選で、幹事長だった鳩山由紀夫氏が後継代表に就任するや、選挙担当の代表代行として衆院選の陣頭指揮を執った。狙いは「親小沢派の拡張にあった」(民主党筋)との見方がもっぱら。このうえ、幹事長に就任すれば民主党の全権を掌握することができる。無論、党内には「小沢党ができあがってしまう」との警戒感がある。かつて小沢氏が率いた細川政権で官房長官を務めた武村正義氏も、その目論見を察知してか、テレビ番組で「(小沢氏が)一大勢力をつくり、民主党政権をコントロールすることになるとちょっと心配だ」と牽制してみせた。しかし、小沢氏の基本戦略は「政権を奪取後『混ぜご飯』のような民主党を分裂させて政界 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。