編集後記

2009年9月号 連載

  • はてなブックマークに追加

8月の森閑とした炎天に、いつも「最後の賢治」の姿を思い浮かべる。昭和8年、つまり1933年の夏、宮澤賢治は死の床にあった。結核の病躯に鞭打って、生涯書きためた詩稿を浄書していく。すべて文語詩だった。ただの筆写ではない。推敲魔の彼は、最後まで斧鉞(ふえつ)を加えずにはいられなかった。8月15日に『五十篇』、22日には『百篇』(実際は101篇)を終える。何かにせかされたような速さだ。弟清六につくらせた赤い罫の特製原稿用紙に、息を凝らして一字一字記す賢治は鬼気迫る。▼浄書を収めた和紙の箱に「本稿集むる所、想は定まりて表現未だ足らざれども、現在は現在の推敲を以て定稿とす」と書いたが、恐らく二度と推敲の機会はないと覚悟していたろう。透明で哀しい響きの文語詩稿をここで批評するつもりはないが、なかに一編、選挙と競馬(馬追い?)を重ねて比喩にした『選挙』という詩があ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。