地デジ移行で崩壊するテレビCMの販売モデル

2009年9月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

地上デジタル放送への完全移行まであと2年を切り、テレビCMの営業関係者が頭を悩ませている。「地デジ移行と同時に視聴率が大幅に落ちる」との見方が、関係筋に広がっているためだ。各世帯が保有する2台、3台目のアナログテレビがデジタル対応に切り替わらず、アナログ視聴分がはがれ落ち、視聴率低下を引き起こすと懸念されているのだ。視聴率調査は対象世帯が保有するすべてのテレビを測定対象とし、1世帯あたりの測定台数は2台強。地デジ化する2011年7月の時点では、この台数を下回るのは必至。「面白い番組を投入して視聴率を押し上げるほかにカバーする手がない」と放送局の営業幹部はお手上げの様子だ。とくに営業関係者が憂慮するのは、視聴率の下落観測を知ったスポンサー企業の圧力が増すこと。テレビCMの取引では、先々に想定される視聴率の数値をもとにCM枠を売買する。このため実際の視聴率 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。