米欧電子新聞有料化の波「購読料」に悩む日経新聞

2009年9月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

ルパート・マードック氏が率いる米メディア大手、ニューズ・コーポレーションが傘下の米経済紙「ウォールストリート・ジャーナル」(WSJ)電子版を有料化。同じく傘下の英高級紙「タイムズ」、同大衆紙「サン」、米大衆紙「ニューヨーク・ポスト」、豪大衆紙「デイリー・テレグラフ」の各電子版も、来夏までに有料に切り替える。景気低迷で紙の新聞は広告収入の減少が著しいため、閲読者が増え続けている電子版を収益源に育て上げる作戦だ。電子新聞の有料化は、米高級紙「ニューヨーク・タイムズ」なども、米アマゾン・ドット・コムの電子書籍端末「キンドル」上で実施しており、いよいよ世界の潮流となってきた。翻って日本の新聞はどうか。まず日経が来秋創刊予定の電子新聞から有料化に踏み切る。これまで新聞界をリードしてきた朝日や読売は、まだ本格的な電子新聞の創刊計画が固まらない。「アイ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。