民主党の強権発動を恐れる国交省が異例の次官人事

2009年9月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

国土交通省の事務次官に旧建設省入省の谷口博昭技監(60)が起用された。旧建設省同期(72年入省)の事務系エースの竹歳誠国土交通審議官(59)との一騎打ちになっていた。谷口氏は近畿地方整備局長、道路局長などを務めた道路行政のプロ。一方、竹歳氏は都市・地域整備局長、総合政策局長、官房長を歴任し、早くから次官候補と目されてきた。次官レースは谷口氏に軍配が上がったが、竹歳氏も国土交通審議官に留任。霞が関では新次官が誕生すると、同期入省組は役所を去るのが不文律。異例の居残りとなった。民主党は国交相に実力者を起用し、ガソリン税の暫定税率廃止や高速道路無料化、公共事業改革を断行する方針。新大臣と国交省幹部が激しく対立することが予想される。「谷口次官は(辞任に)追い込まれかねないので、同期の竹歳氏をスペアに残した」と、同省OBは漏らす。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。