墜落エアフラ機にテロリストがいた

2009年8月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

6月1日にブラジルから北東へ約1100キロの沖合で、大西洋上に墜落したリオデジャネイロ発パリ行きのエールフランス447便(エアバスA330型機、乗客乗員228人)は、墜落原因の究明が難航している。雷を伴う暴風雨と乱気流に巻き込まれ、電気系統が故障したことを示す自動メッセージが送られており、コンピューターの不具合が墜落原因として有力視されているが、7月10日まで現場海域で続けた捜索でもフライトレコーダーは依然回収されていない。操縦ミスなどの人為説も消えておらず、決め手を欠いている状態だ。そのなかで、国際テロ組織アル・カイダのメンバー2人が同機に乗っていたとの情報が、仏対外治安総局(DGSE)から英国の対外諜報機関MI6に入った。MI6は直ちに複数の工作員をブエノスアイレスに派遣、DGSEと共同で捜査することになった。MI6は、事故の数カ月前から、テロリストの欧州侵入には、南 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。