朝日が社運賭ける「携帯新サービス」に暗雲

2009年8月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞が社運を賭けるau携帯電話向けの新情報配信サービス「EZニュースEX」の前途が危ぶまれている。テレビ朝日、KDDIとの3社提携で始めた事業で、パケット通信を使わず携帯の画面で一日200本の文字や映像のニュースを閲覧できるサービスだ。6月11日にはKDDIが専用の2機種を発売、月額262円でサービスをスタートした。広告の落ち込みと部数減に悩む朝日は、これを新規事業の核としたい考えで、12年度末までに現在のauの加入件数の約3分の1に当たる1千万件の契約、35億円の利益を目論む。同社幹部は「利益率が80%を超えるおいしい美味しいビジネス」と吹聴していたが、出足はさっぱり。数千件の加入者の獲得にも苦労している模様。朝日1社との関係が深まる印象を持たれたくないKDDIが営業に熱を入れないのも痛い。が、KDDI側はあくまでもプラットホームビジネスという位置づけで、同社の「BCMCS(ブロ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。