「サイバー戦争」中国華為の棘

英国の次世代通信網に納入された「華為技術」製品にとんだバグ。「仕組まれた!」とMI6などは真っ青。

2009年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

英国インテリジェンス(諜報)界の3巨頭が、ゴードン・ブラウン首相やデービッド・ミリバンド外相ら主要閣僚と面談、英国の通信インフラが重大な危機にさらされていると警告した。3巨頭とは、合同情報委員会(JIC)のアレックス・アラン委員長、防諜機関MI5のジョナサン・エバンス長官、対外諜報機関MI6のジョン・スカーレット長官。3人が主要閣僚に配布した「サイバースパイの脅威」と題する共同報告書は、衝撃的な中身だった。英国の通信大手BT(ブリティッシュ・テレコム)が採用した中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)製品にバグがあり、ハッカーが中国にいながら英国の通信インフラに入り込み、障害を引き起こす可能性があるという。ハッカーの外部操縦により通信インフラが破壊されると、英国を標的にしたミサイルの警報システムや航空管制、そのほか全土を網羅する重 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。