「ケネディクス」に肩入れ伊藤忠が不動産に傾斜

2009年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

伊藤忠商事がまたもや不動産ビジネスの拡大に動いている。昨年末に不動産ファンド運営会社ケネディクスの傘下にあるREIT(不動産投資信託)運用会社ケネディクス・リート・マネジメントに10%出資したほか、今年3月に破綻したパシフィックホールディングスの系列REITの支援企業(スポンサー)にも名乗りを上げた。ケネディクスは08年12月期決算で監査法人が継続疑義を注記し、信用不安が高まっていたが、6月末に懸案だった大型オフィスビル「KDX豊洲グランスクエア」(東京・江東)の売却が決まり一息ついた。買い手は米投資会社カーライル・グループと韓国国民年金公団で、売買価格は推定で350億円弱、ケネディクス側の売却益は60億円程度とみられる。KDX豊洲は当初、08年中の売却を予定していたが、不動産投融資の急激な冷え込みで買い手がつかなかった。このため年末以降、メーンバンクの三井住友銀 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。