編集後記

2009年8月号 連載

  • はてなブックマークに追加

日が沈む刹那、山脈の万年雪が紺碧の空に金冠のように輝いた。毎年7月になると思いだす。中国側の山麓でなく、裏のカザフスタン側からふり仰いだ。首都のホテルでは、中央アジア視察に訪れていた小渕恵三自民党外交委員長、その通訳の米原万里さん、筑波大学の秋野豊助教授(気がつけばみな故人)らの一行と一緒になった。香港が中国に返還された1997年のことである。▼旧知の小渕氏には「何しにカザフまで?」と聞かれた。「香港返還時の中国を背中から見る取材。次は新疆ウイグル自治区の出口イリを、中国がウイグル人に返還する番かもしれません」と答えた。天山山脈の東西一帯はかつて東トルキスタンと呼ばれ、突厥(チュルク)族が西遷した地で、習俗も住民も漢族の地でないことは現地を見れば明らか。中国は背中では攻守が逆になる、と。▼ヘソ曲がりの発想かもしれなかったが、20代でシベリア鉄道 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。