米国で特許切れ対策に失敗武田薬品の株価に足枷

2009年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

武田薬品工業が、世界で4千億円弱の売上高を誇る糖尿病治療薬「アクトス」の特許切れ対策に失敗した。アクトス特許切れ前に発売する予定だった次の糖尿病治療薬「アログリプチン」の米国承認が大幅に遅れるためだ。アクトスの米国特許は2011年1月に切れる。その対策として武田は、米国のシリックスというバイオベンチャーを買収し、同社が開発していたDPP4阻害薬という新タイプの糖尿病治療薬を手に入れた。世界の大手製薬が先陣争いを繰り広げてきたのがDPP4阻害薬。米国では最初にメルクの「ジャヌビア」が承認・発売されており、次は武田と目されていた。ところが、米食品医薬品局(FDA)が、武田に心血管系の安全性確認のための追加試験を要求。追加試験データが得られるまで2年はかかると見られるため、その前にブリストル・マイヤーズ スクイブ(BMS)とアストラゼネカが開発してきた「サクサグリ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。