みずほFGと野村HDの提携構想を吹く「あの人物」

2009年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

みずほフィナンシャルグループ(FG)と野村ホールディングス(HD)の提携観測が「浮かんでは消え」を繰り返している。背後には、両社の経営不振を派手な提携話で隠そうという思惑が潜んでいる。今年5月、みずほコーポレート銀行(CB)の佐藤康博頭取と野村HDの渡部賢一社長が宴席で密談したとの噂が流れた。あっという間に提携観測として広がったが、それを裏付ける具体的な動きはなかった。それもそのはず、両トップ以外の人物を交えた、半ば定例の昼食会が「密談」の正体だったのだ。みずほCBの斎藤宏会長が自らの不倫騒動や業績不振の汚名を覆い隠すために「野村HDとの派手な提携構想を吹いていることが、火のない所に煙が立った原因」と、みずほCB幹部は眉をひそめる。一方、野村HDも、破綻した米リーマン・ブラザーズの人員を大量に抱え込んだ結果、大赤字に転落。さらに、破産したSFCG(旧商工フ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。