一人勝ち「柳井ユニクロ」の憂うつ

「売上高5兆円構想」をぶち上げたカリスマの焦燥。目ぼしい後継者が見当たらない。

2009年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2020年に連結売上高を5兆円に乗せて衣料品専門店として世界一になる! これが、カジュアル衣料専門品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正社長が掲げる長期目標だ。09年8月期の売上高見込みは前期比16%増の6820億円だから、その約7.3倍。国内で1兆円、海外事業で4兆円を稼ぐという。その達成に向けM&A(合併・買収)を積極展開するというものの、海外事業は今8月期で800億円ほどの実績。12年間で50倍という超野心的な計画だ。「いくら何でも大風呂敷」とマスコミも小売業界も、そして社内の大半も本気にしていないが、柳井氏だけは大真面目。「その気になればできる」と言って憚らない。そこには米ギャップや、「ザラ」を展開するスペインのインディテックス、スウェーデンのH&M(ヘネス&マウリッツ)など年商1兆円以上で成長を続ける海外の衣料チェーンへの激しい対抗意識があ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。