あのセイコー御曹司が暴露 外国政府要人に裏献金工作

服部氏自らシンガポールのリー・クアンユー元首相に10万ドルを手渡し、日本政界では安倍晋三、町村信孝両氏が関与……。

2009年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

3年前の3月13日、シンガポールの高級ホテル、ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポールでSIS(セイコーインスツルシンガポール)のシンガポール進出30周年記念式典が開かれた。式典には「シンガポールの建国の父」リー・クアンユー元首相(長男のリー・シェンロン首相率いるリー内閣の顧問)をはじめゴー・チョクトン前首相や現役閣僚らが顔を揃えたほか、日本からも自民党町村派会長の町村信孝元外相、小島高明・駐シンガポール大使が出席。主催者を代表して名門「服部セイコー」創業家の御曹司でSII(セイコーインスツル)代表取締役名誉会長の服部純市氏が挨拶した。セイコーグループはセイコー、セイコーエプソン、SIIを中核とし、服部氏はセイコー4代目社長・謙太郎氏の長男で創業者・金太郎氏のひ孫に当たる。(肩書はいずれも当時)だが、この晴れがましい式典から2年後の08年3月、服部氏 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。