麻生首相をそそのかす安倍氏を森元首相が警戒

2009年8月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「6月政局」で安倍晋三元首相は麻生太郎首相に7月12日の東京都議会選挙とのダブル選挙を強く迫った。首相も一時は傾いたものの、森喜朗元首相らの説得を受けて断念した。それにしても、安倍氏はなぜ、公明党から選挙協力を受けにくいダブル選挙を主張したのか、さまざまな憶測を呼んでいる。安倍氏を支持する議員の一人は、こう解説する。「就任以来、何事も決断できない麻生首相のイメージを払拭するにはダブル選挙が一番。サプライズ選挙となって世論は戻ってくる」しかし、これを額面どおり受けとる向きは少ない。安倍氏が所属する最大派閥・町村派の中堅議員は「完全復活を目論む安倍氏の狙いは町村派会長ポスト」と勘繰る。今年2月、町村派の代表世話人だった町村信孝氏が派閥会長に就任した際、安倍氏は森元首相とともに町村氏の宿敵、中川秀直元幹事長を押さえ込む側に回った。その安倍氏が、あ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。