茨城県政界のドン「山口武平」の落日

2009年8月号 連載 [LOCAL EYE]

  • はてなブックマークに追加

茨城県政界のドン、山口武平・自民党茨城県連会長(88)が窮地に立たされている。8月末の県知事選をめぐり、新人で元国土交通事務次官の小幡政人氏(64)を擁立した自民党県連に対し、現職の橋本昌知事(63)が5選出馬を表明し、保守分裂が確定したためだ。自民党の有力な支持母体である県医師会の政治団体・茨城県医師連盟の集団離党に続く造反劇で、ドンの凋落は目を覆うばかりだ。茨城県連は、自民党員数が全都道府県連で東京都連に次いで多く、約6万人を誇る。七つある衆院茨城選挙区のうち五つを自民が占め、丹羽雄哉、額賀福志郎、赤城徳彦ら閣僚経験者を輩出する保守王国だ。その県連のトップの座に20年以上も君臨する山口氏は、すでに県議14期目。これまで竹内藤男氏(故人)、橋本昌氏と2代続けて官僚知事を擁立、中央政界でも「陰の知事」として知られる大実力者だ。山口氏が中央政界で親しい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。