北島大日本印刷の「ルサンチマン」

丸善、ジュンク堂、ブックオフを買収した出版業界の「駆け込み寺」。何を目論んでいるのか。

2009年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

デジタル革命に乗り遅れ、雑誌も本もジリ貧の出版業界の「駆け込み寺」になっているのが大日本印刷だ。版元から印刷を受注する裏方が一転、丸善、ジュンク堂書店、主婦の友社を買収し、中古書店のブックオフコーポレーションとも手を組み、さながら下剋上。「なぜ、衰退業界にカネを注ぎ込む?」と訝る向きもあるが、どうやら培ったデジタル技術を武器に、紙と電子の「両刀使い」で出版再編を仕掛ける目論見のようだ。

電子出版インフラを構築

表をご覧いただきたい。大日本印刷は、何かに憑かれたかのように出版関連の買収を繰り返している。  出版社や書店は小資本でデジタル技術にも乏しいが、大日本の資本金は1145億円と巨大で、印刷とITの技術蓄積も厚い。そのカネと技術を当て込んで、出版社や書店が駆け込んでいるのが現状。しかし、大日本側にメリットはあるのか? 傘下に収めた丸善、ジュンク堂、TRC(図書館流通 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。