「死せる盧武鉉」韓国検察に復讐

焼香400万人、国民葬50万人に検察総長が辞任。「庶民派」を懲らしめたエリートとの角逐。

2009年7月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

6月5日、李明博(イミヨンバク)大統領は林采珍(イムチエジン)検察総長の辞表を受理した。辞表はその2日前に提出されていた。韓国検察トップの総長職の任期は2年。2007年11月に就任した林総長は、任期を半年近くも残してポストから去ったことになる。辞任の理由は言うまでもなく、 盧武鉉(ノムヒヨン)前大統領の衝撃的な自殺(5月23日)である。「最善を尽くしたが、想像できない異変によって、多くの国民を悲しませる結果をもたらしてしまった。今回の事件捜査を総指揮した検察総長として心から国民に謝罪する」林総長は辞表を提出する際にそう述べた。「今回の事件捜査」とは、盧氏をめぐる「包括的賄賂罪」(大統領在任中、夫人に100万ドル、親族に500万ドルが政商から渡っていた容疑)で、4月30日には盧氏本人を検察へ呼び出して事情聴取も行われていた。日本では必ずしも大きく報道されなかっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。