大票田に「甘い蜜」振りまき5選を狙う福岡県知事

2009年7月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

福岡県の麻生渡知事(70)が2年後の知事選出馬に向けて動き出した。最近になって持論を引っ込め、2大票田である福岡、北九州両市の企業・市民が喜ぶ方針を打ち出しているのだ。「明らかに5選を目論む動き」と地元関係者は言う。麻生氏は全国知事会長も務め、しばしばテレビにも登場。道州制の早期実現をめざし「初代の九州首長」を狙っているとされる。麻生氏はパンク寸前の福岡空港(板付空港)について、かねて玄界灘沖への新空港建設・移転を主張してきた。しかし、新空港の建設費用は1兆数千億円と膨大なため、地元の負担は大きい。また、現空港は福岡中心部に近接し「世界一便利な空港」と市民から重宝がられており、遠くて不便な海上移転には反対が多い。このため、知事は海上空港建設の旗を降ろし、現空港への滑走路増設に方針転換した。さらに、北九州空港についても「アジア各地と結ぶ貨物空港 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。