「最後の砦」フォードが危ない

GM、クライスラーが陥落した余波はきつい。首位トヨタ追い落としへVWがGMと組めば…。

2009年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2007年まで76年間、世界最大の自動車メーカーとして君臨してきた米ゼネラル・モーターズ(GM)が法的整理に入り、国営会社として再出発することになった。巨額債務や不採算ブランドなどが一気に取り除かれ、新生GMは身軽になるが、08年実績でみれば販売規模としては世界4位に転落する。自動車業界は戦国時代に突入した。6月1日。GMが連邦破産法11条の適用を申請した瞬間、米国民は「ビッグ3」体制の終焉をまざまざと見せつけられた。GM、クライスラーの「ビッグ2」が法的整理を適用したことで、ビッグ3で唯一生き残っているフォード・モーターは米新車市場でシェアが上がり、ブランドイメージを保っているかにみえる。しかし、恐らくこの現象は短期間にとどまるだろう。基本的にビッグ3の車種構成は大型車に偏重しており、GM、クライスラーの販売不振はいずれフォードにもはねかえってくるからだ。また ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。