朝日新聞社長に「ダークホース」が浮上

2009年7月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞の次期社長候補に和気靖・役員待遇デジタルメディア担当が浮上してきた。和気氏は1981年入社。同期の多くはまだ部長ポストだが、4月1日付で社長室長補佐から昇格。テレビ朝日、KDDIとの3社提携をまとめ、秋山耿太郎社長の覚えめでたく大抜擢となった。同氏は経済部出身。箱島信一前社長の「子飼い」で出世街道を走ってきた。米国と中国に留学し、北京、ロンドンの特派員を務めた。「箱島さんは彼を船橋洋一さん(現主筆)の後釜に育てようとしたが、事務処理能力は高いが取材力に欠け、編集から外れていた」と経済部出身OBは言う。朝日の社長は政治部と経済部の出身者が交互に務めており、和気氏は政治部出身の秋山社長の後任として座りがいい。秋山氏としても、自分にバトンを渡した箱島氏に恩返しができる。和気氏が浮上した背景には、政治部出身で、次期社長の本命と目された吉田慎一・上席 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。