「第一三共」が巨額損失の責任逃れ

ランバクシー買収の躓きでとんでもない大赤字。会長、社長が引責しないのは、なぜ?

2009年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

インド最大の製薬企業であるランバクシー・ラボラトリーズの株式63.9%を4883億円で買収した第一三共が、09年3月期決算で2154億円もの純損失を出した。ランバクシーの株価下落によるものだが、ランバクシー自身もデリバティブ損失に加え、米国での不祥事が重なり08年12月期に162億円もの純損失を計上。その責任をとらせる格好で創業家のマルビンダー・モハン・シン社長兼CEO(最高経営責任者)を辞任させたが、巨額の損失を出した第一三共自身の責任はうやむやだ。6月26日に株主総会を迎える経営陣の厚顔を、何と形容すべきか。もちろん第一三共内部にも、ランバクシーの社長辞任で済むはずはなく、自らの責任を明らかにすべきとの声はある。表立った批判を覆い隠しているのは合併会社の風通しの悪さに加え、タスキがけ人事に波風が立つことを恐れているからだろう。しかし、この問題における首脳部の確 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。