巨額損失の引責を免れた三菱東京UFJの執行役員

2009年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

三井住友銀行から巨額融資を引き出した不動産会社「コシ・トラスト」の中林明久社長らが、詐欺罪で起訴された。警視庁によれば、三井住友銀は02~07年、コシ社の仲介で約80社に約610億円を貸し込み、そのうち約160億円が焦げ付いた。コシ社の仲介は営業実態のない休眠会社が多く、中林社長らは架空の決算書や納税証明書を作り、担保には偽の不動産鑑定書を付けるなど、あの手この手で支店を騙し、カネを引き出していた。その一方で、行員に接待攻勢をかけ、ゴルフやリゾートホテルに連れ出し、さらにはマンションの家賃を負担したケースもあった。三井住友銀は警視庁に被害届を提出するとともに、内規に違反した3人の行員を処分する考えだ。実はコシ社にのめり込み、大やけどしたのは三井住友銀だけではない。「三菱東京UFJ銀行も数十社に約330億円を貸し込み、約110億円が未回収になっている。ロス見込 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。