折り紙つき「アジア通」が登場

2009年7月号 連載 [CHALLENGER]

  • はてなブックマークに追加

出光興産新社長中野 和久出光興産の9代目社長に中野和久副社長(61、早大商学部卒)が就く。その晴れの記者会見で抱負を問われた中野氏は「嵐の真っただ中を航海中にキャプテンが代わるようなもの。正直言って抱負を語る余裕はない。身を削る覚悟」と応えた。現社長の天坊昭彦氏(次期会長、69)から「栄進」の打診を受けたのは昨年12月。「創業100周年を迎える2011年まで続投してください」と固辞したが、石油連盟会長を兼ねる天坊氏の激務を目の当たりにして、腹をくくったという。天坊氏も「彼なら任せられる」と太鼓判を押す。出光興産の主力は燃料油部門や石油化学。中野氏は北海をはじめタイ、ミャンマー、ベトナム、インドネシアなどの原油・ガスの生産開発、探鉱現場を渡り歩く開発畑のエースだった。必ずしも主流ではない中野氏に転機が訪れたのは1998年。香港事務所中国総支配人から本社中枢 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。