ルース駐日米大使は筋金入りの民主党活動家

2009年7月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

駐日米大使ジョン・ルース氏(54)が7月にも着任する。外務省も主要メディアもハーバード大学のジョセフ・ナイ教授の登場を確実視していた。カリフォルニア州シリコンバレーの法律事務所ウィルソン・ソンシニ・グッドリッチ&ロサティ(WSGR)の最高経営責任者(CEO)であるルース氏の起用にショックを隠せない。そのためか、ルース氏の就任はオバマ陣営への多額献金の「論功行賞」であるとか、同氏はアジアとのパイプが細いことから「日本軽視」と論ずる一知半解の記事が目立つ。そもそもルース氏は、筋金入りの「民主党活動家」である。1976年の大統領選で彗星のごとく現れたジミー・カーター大統領時代に、スタンフォード大学の学部生だったルース氏は、短期間の「インターン」としてホワイトハウスに勤務した経験を持つ「ヤングデモクラット(青年民主党員)」なのだ。その後、WSGRに入ったルース氏 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。