死こそ太宰の最高傑作

2009年7月号 連載 [硯の海 当世「言の葉」考 第39回]

  • はてなブックマークに追加

太宰治という作家の存在を知ったのは、小学校6年生のころではなかったかと思う。作品を読んで知ったというわけではなく、そのころ津軽の海辺の村に住んでいたので、いずれ入ることになるかもしれない青森高校の卒業生の有名な人、という程度の認識だったと思う。中学の後半から高校にかけては東京の三鷹から電車で15分ほど西へ行った町に住んでいた。三鷹は太宰が最後に住んだ場所で、いまも禅林寺に眠っている。*禅林寺の墓地で長い時間、太宰の墓の前に佇んだりしたのは高校生の頃だっただろうか。向かい側の「森林太郎(鴎外)墓」に腰をかけるような無礼を働いたかもしれない。太宰の生まれたのが梅雨時の6月で、玉川上水で山崎富栄と入水心中したのも同じ6月。季節と作品名にちなんだ「桜桃忌」にはたくさんの太宰ファンがこの寺に集まる。松本清張と並んで、ことしは「生誕百年」、風物詩という ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。