財政再建は金融危機に流されるな

2009年7月号 連載 [隗より始めよ]

  • はてなブックマークに追加

日本の公的債務残高は、経済規模の2倍近い水準に達し、主要国の中で最悪である。こうした状況下、このほど政府は相次ぐ景気対策と税収の下振れを理由に、2006年に設定した「11年までに基礎的財政収支を黒字化する」という目標の達成を断念。これに代えて、達成時期を10年近く後にずらした財政健全化目標を新たに設定した。以下では、新たな財政再建計画について、3点コメントしたい。まず、透明性という点である。成長率、消費税引き上げのインパクトについて試算を開示しており、その点では計画の妥当性について相応の判断ができる。しかし歳出削減をどう想定するのか、目下のところ消費税引き上げの地ならしに狙いがあるためか、不明である。もっと大きな問題は、再建の実績が予測から外れた場合、今回のように再建期限を先延ばしするのか、それとも追加的な措置を講じて再建軌道に復するのを狙うのか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。