矢部貞治日記と横光利一

激動の欧州で芸術論対決

2009年7月号 連載 [日記逍遥 第6回]

  • はてなブックマークに追加

「論理ではなく心理を追究する。肯定のニヒリズムを貫かすといふのが横光氏の議論だ」パリのシャンゼリゼのカフェで、東京帝国大学助教授矢部貞治(ていじ)が作家の横光利一と初めてあったのは、昭和11年7月11日のことであった。レオン・ブルムの人民戦線内閣が成立したばかりで、数日後にはスペインの内乱が、半月後にはナチスの祭典ベルリン五輪が始まろうとしていた。騒然とした政情を考えると、気鋭の政治学者だった矢部が、「論理」を斥けるとする文壇の鬼才の言葉に異を唱えたのも無理はない。「論理」と「心理」を排他的に区別するのは単純すぎる、そんな文学論には賛成できない、と反駁する。何度か言葉が行き交い、鬼才は突然に声を荒らげ、周囲には沈黙が流れる。好奇な眼差しを浴び、議論はやむ。矢部貞治はその日の日記を、次のように結んでいる。「横光氏といふのは今日初めてだが、一寸 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。