「二流のピアニスト」だらけの日本

評論家も聴衆も甘すぎる。テクニックを極めるだけでは世界の一流に太刀打ちできない。

2009年7月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

上原彩子というピアニストがいる。2002年のチャイコフスキー国際コンクールのピアノ部門で日本人として初めて優勝した女性だ。コンクールの様子はテレビでも放映されたのでご覧になった方も多いだろう。こう言っては申し訳ないが、彼女は「テクニック一流、音楽三流」の我が国ピアノ界を(良きにつけ悪しきにつけ)体現するようなピアニストである。 筆者は怖いもの見たさに彼女がウィーン交響楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲を共演する演奏会に行ったことがある。ハッキリ言ってあれはモーツァルトではない。ラフマニノフやチャイコフスキーをバリバリ弾くことしか知らないピアニストが、モーツァルトの「様式感」をまるで理解せず音符だけをなぞった演奏だった。モーツァルトを知悉するウィーンの楽団員はプロとして最後まで真剣に演奏していたが、きっと陰で苦笑していたことだろう。彼女は彼女な ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。