「天安門20年」封じに組織工作

亡き胡耀邦の見果てぬ夢。命日に行事はなく、古傷に触れられぬよう、海外でも動員をかけて口封じ。

2009年6月号 GLOBAL [置き去り中国政治改革]

  • はてなブックマークに追加

4月15日は、中国共産党の総書記だった胡耀邦が逝って20年目にあたった。胡耀邦は1915年に湖南省瀏陽に生まれ、80年に党総書記に就任、89年4月15日に心筋梗塞で世を去った。89年6月4日の「六四事件」(天安門事件)の民主化運動は、胡の追悼を皮切りに始まったものだった。私は当時、学生リーダーの一人として、5月19日にハンガーストに入り、自らの命と引き換えに学生と政府の交渉を打開し、中国の民主化を進展させようと夢見ていた。当時の自分はなんと純粋だったのだろうと思うし、あの当時こそ自分の生涯で最も誇りに値する時期だったと思う。私は病院で応急措置を受け20時間後にようやく生命の危機を脱した。81年、16歳の時に政治活動を行ったかどで解放軍に処刑されかけたことと、89年のハンストによるこの自殺未遂の経験で、私は仏教を信仰し始め、生死や今生、来世について他人とは考えを異にす ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。