欧州への天然ガス供給 黒海にロシアが「クサビ」

欧米主導の迂回ルート「ナブッコ」計画に揺さぶり。海底敷設の「サウスストリーム」で対抗し、ブルガリアに圧力。

2009年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

欧州経済にとって不可欠な天然ガスをどこからどのルートで運ぶか。これまでロシアが主要な天然ガス供給源であり、そのロシアから欧州大陸に独占的に供給していたルートはウクライナ経由のパイプラインだった。そのウクライナに2005年1月、親米派のヴィクトル・ユシチェンコ大統領が誕生してから、にわかに緊張が高まった。北大西洋条約機構(NATO)入りをちらつかせるウクライナに対し、ロシアは料金値上げなど強硬姿勢で揺さぶって、たびたびパイプラインを遮断したのだ。欧州のエネルギー安全保障は重大な脅威にさらされた。ロシアを迂回し、供給源を中東や中央アジアに求める「ナブッコ」か、ロシアを引き続き供給源として黒海の海底をくぐる「サウスストリーム」か――欧州はいま、この二つの新ルート計画をめぐって岐路に立たされている。4月末、ブルガリアの首都ソフィアで国際エネルギー会議が開か ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。