破綻逃れの「新生・あおぞら統合」

銀行再編を条件に公的資金再注入の観測気球。本来ならペイオフ発動で退場のはずだが。

2009年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

これほど「筋悪」という言葉がぴたりと当てはまる事態はめったにあるまい。突如表面化した新生銀行とあおぞら銀行の経営統合話がそれだ。銀行再編は本来、経営強化のため歓迎すべきだが、両行の動きを前向きに受けとめる業界関係者は皆無。なぜなら、この再編話は将来の展望を描けない負け組同士が繰り出した、その場しのぎの目くらましに過ぎないからだ。何の取り柄もない2行が統合しても、経営の抜本強化にはつながらない。愚行と言うほかなく、混迷の度合いは深まるばかりだ。両行の前身、旧日本長期信用銀行と旧日本債券信用銀行が破綻して今年で10年余。旧長銀は米国の投資ファンド、リップルウッド(現RHJインターナショナル)傘下で新生銀行に生まれ変わり、現在は米ファンドのJCフラワーズが株式の33%を握る筆頭株主だ。旧日債銀も同じ米系ファンドのサーベラスが議決権の5割以上を持ち、経営 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。