「最強ステルス」F22が巻き返し

1機140億円は高いと米国が大ナタ。「日本は輸入を諦めるな」と反ゲーツ派が本誌に寄稿。

2009年6月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

ワシントンが最新鋭ステルス戦闘機「F22ラプター」をめぐって大きく揺れている。4月6日、ゲーツ米国防長官が、2010年度の予算編成に向けた装備見直し案を発表。F22の新たな発注中止やミサイル防衛の一部計画取り止めなど、主に高コスト事業の停止を発表したのだ。しかし空軍、防衛産業や議会の一部などから猛烈な反発を招いた。深刻な不況の中、一機1億4200万ドル(約140億円)というF22の生産中止は雇用問題に直結するため、議会や防衛産業が強硬に反対している。米国防コミュニティでは、中国のような将来の潜在的な脅威を見据えた装備を整えるのか、それともイラク型の対テロ戦に必要な装備を優先させるのか――将来の軍の方向性をめぐって激しい議論が戦わされてきた。ゲーツ長官は明確に後者の考えに立って、大幅な国防装備体系の見直しを提案したのである。このゲーツ案は日本の防衛政策にも影響を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。