「核廃絶のオバマ」に池田大作がラブコール

2009年6月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

アメリカのオバマ大統領が「核兵器のない世界」へ向けて大きな一歩を踏み出した。4月5日にチェコ・プラハで演説したオバマ大統領は、核なき世界を実現するために具体的措置を取ることを宣言した。米ロが保有する核兵器を「最も危険な冷戦の遺物」と断じ、両国の戦略核を削減する新条約を近くまとめる。もちろん、自身が演説で述べたように「ゴールにはすぐにたどりつけない」が、アメリカの大統領が「核兵器のない世界」を目標として動き出したのは史上初。今後、核軍縮は間違いなく大きく前進するだろう。このニュースは、広島、長崎の被爆者を中心として多くの日本人に歓迎の意をもって受けとめられたが、日本の宗教界でもっとも喜んだのは誰かと言えば、創価学会の池田大作名誉会長だろう。池田氏は毎年1月に「SGIの日」記念提言を発表するが、今年の提言では「核兵器廃絶」を強く訴えるとともに、核 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。