中国一の「赤い財閥」栄家が没落

鄧小平と組んだCITICの栄華も今は昔。三代目が豪州ドル投機で1900億円も大損。

2009年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

香港の複合高層ビル施設アドミラルティー(金鐘)地区に聳える33階建ての通称「CITICタワー」(中信大廈)。4月8日、67歳の男が白い乗用車でこのビルを去っていった。「ラリー・ユン」こと栄智健――このビルを本拠とする中信泰富有限公司(CITICパシフィック)の会長だった。が、もう二度とここには帰ってこられないだろう、という思いが胸に去来したはずだ。外貨取引で146億香港ドル(約1900億円)という記録的な損失を出し、栄智健はこの日、会長を引責辞任したのである。中信大廈には、財務を担当してきた長女の栄明方や、執行役員の長男の栄明傑が残ったが、地元紙は「罪が確定したら懲役10年になるだろう」とまで書き飛ばしている。「富不過五代」――「富豪は五代続かない」という意味の古い諺が中国にはある。栄家は民族資本家として頭角を現した初代、栄徳生の1930年代から、紡績業で不動の地位を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。