編集後記

2009年6月号 連載

  • はてなブックマークに追加

もう1年になる。日経連元会長の永野健氏が85歳で亡くなったのは、昨年5月12日だった。彼のご子息2人と学校や会社で親しかった縁もあり、東京・渋谷の桜丘にあった永野家の旧邸が今は懐かしい。その一周忌にご遺族から、小冊子『技術無限――永野健最後の講演から』をいただいた。70ページ足らずだが、目で追っていくと、故人のあの朗らかで野太い声が耳に響く思いがする。▼歯に衣着せず「銀行の給料は高すぎる」と批判した硬骨の志は、この9年前の6月23日の講演でも息づいていた。「古い産業といえども、形を変えて新しい産業に貢献している。むしろ現実には、古い産業が頑張って生産性を上げているからこそ、新しい産業の発展も可能になったのです」という言葉には、けっして古びないエンジニアの気迫がこもり、今も心を励まされる。▼彼自身、鉱業という第一次産業に身を置いて、銅の新しい製錬技術を開 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。