日銀「出口戦略」は時代遅れ

実はインフレ目標を避けたいばかりに「隠しブレーキ」。ニューケインジアン・モデルの米欧に置き去りでは?

2009年6月号 BUSINESS [非伝統的金融政策]

  • はてなブックマークに追加

今、世界は恐慌の瀬戸際にあるという。ただ、マスコミなどは「恐慌」(depression)という言葉に慎重で、かわりに「景気後退」(recession)という表現を使っている。一般に景気後退は「実質GDP(国内総生産)が2四半期続けてマイナスになる」ことと定義されている。恐慌に一般的な定義はない。有名な「大恐慌」(Great Depression)は、1929~33年に実質GDPが30%程度落ちこんでいる。英エコノミスト誌によれば、恐慌は実質GDPが10%以上低下するか、または3年以上マイナスが続く場合に使われることが多いという。ちなみに、この基準に従えば90年代の日本の「失われた10年」は恐慌ではない。成長率のマイナスは2年程度であり、その幅は3%程度だったからだ。全米経済研究所(NBER)がアメリカ景気の後退入りを2007年12月から、日本の内閣府はわが国の景気の転換点を07年10月と発表している。今回の経済 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。