火を噴く「中央三井信託」争奪戦

中央三井のグループ化へ動き出した三井住友銀行。「メガ信託構想」の住友信託も黙っていない。

2009年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「三井住友フィナンシャルグループ(FG)の國部毅取締役が中央三井トラスト・ホールディングス(HD)の公的資金肩代わりを金融庁に打診した……」欧米の金融危機の波及で3月危機が懸念された年度末、かかる情報が駆け巡った。株価低迷で公的資金の返済に窮した中央三井HDを傘下に入れようと、三井住友FGが当局との折衝に乗り出したというのだ。三井住友FGは3大メガバンクとはいうものの、大手証券と信託銀行を傘下に持たないため「万年3位」に甘んじてきた。その汚名を晴らすため、三井住友FGは、シティグループ傘下の日興コーディアル証券の争奪戦に名乗りを上げ、5500億円近い一番札で買収に成功した。それだけではない。「奥正之・三井住友銀行頭取は乱世の今こそ、みずほFGや三菱UFJFGを出し抜くチャンスと見ているはず」と旧住友銀行OBは言う。奥頭取の悲願は証券、信託銀行を含めた三井住友金融グル ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。