土井 定包氏(大和証券元会長)

「野村7割経営」に礎

2009年6月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

兜町がシマと呼ばれたころからの、古き日本の証券業界を象徴する巨星が、これでまたひとり去った。昭和3(1928)年、佐賀県に生まれ、戦後は福岡県で保険の営業マンをしていた。卓越した営業手腕が大和証券福岡支店の幹部の目に留まり、スカウトされる形で大和入りしたのが昭和24年。以来、個人営業部門一筋に歩んだ。初めて支店長となった浅草支店をたちまち全国1位に伸し上げるなど、実績を積み重ねる。土井氏の名を社内に轟かせたのが、本店営業部長時代の血判状事件だ。担当役員のあまりの横暴に腹を据えかねた土井氏は出社を拒否。部下たちも血判状をしたためたが、このメンバーが山下剛正氏(元東証副理事長)、松浦研治氏(元ユニバーサル証券会長)ら、後に土井一派の中核となる。 社長就任は昭和55年、52歳の時だった。菊一岩夫社長の後継有力候補は千野冝時(のぶとき)副社長だったが、たた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。