豚インフル「弱毒」と侮るなかれ

スペイン風邪の「殺戮ウイルス」も最初は弱毒性だった。「怖いのは秋以降」と専門家は言う。

2009年6月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

5月9日、ついに日本にも上陸した新型インフルエンザ。感染者数は13日現在34カ国5941人、死者63人に達し、世界保健機関(WHO)はパンデミック警戒レベル「フェーズ6」の発令を検討中だ。一方、メキシコでの大発生から半月が経ち、ウイルスの正体はほぼ解明されつつある。4月28日、WHO緊急委員会委員を務める国立感染症研究所の田代真人氏は「ウイルスは弱毒性」と発表した。実際、感染者の多くは軽症で、致死率もメキシコ以外は0・1%台で季節性インフルエンザとほぼ同程度の水準である。政府は2005年12月に、新型インフルエンザの感染爆発により、最悪の場合「国民の25%が罹患し64万人(致死率2%)が死亡する」と推計している。今回の事態が該当しないことは明白であるが、「殺戮ウイルス」が引き起こすパンデミックの恐怖は去ったのだろうか。

第2波、第3波で致死率上昇

「この恐ろしき死亡率を見よ 流感の恐怖時代襲来す  ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。