神奈川の街に溢れる「灰皿難民」

松沢知事が全国初の「受動喫煙防止条例」を導入。厳しすぎる分煙基準に疑問の声。

2009年6月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

喫煙者の副流煙が「曝露」され、周囲が危険な状況にさらされるのを防ぐのだという。たばこの煙は「毒ガス」並みということらしい。神奈川県が、飲食店など民間施設を含む公共的な場所を対象にした全国初の「受動喫煙防止条例」を制定した。来年4月からは県内の学校や病院、百貨店、体育館などは喫煙所を除いて全面禁煙となるほか、2011年4月からは床面積が大きい飲食店やホテル・旅館などは、全面禁煙か分煙を選択しなくてはならなくなる。松沢成文知事は07年、2期目となる知事選のマニフェストに「公共的施設における禁煙条例」を掲げ、制定に執念を燃やしてきた。昨年「中央公論」に「神奈川県が禁煙条例制定に立ち上がった理由」と題した論文を寄稿し、その理由を詳しく説明している。曰く「受動喫煙は単なる迷惑ではなく、危険そのものである。その防止はたばこ規制枠組み条約やその実施指針に明記 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。