日立製作所「庄山vs古川」の真相

69歳の元副社長が返り咲いた仰天人事の裏で凄まじい暗闘。勝ち残ったのはしぶとい老人。

2009年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「健全性に欠けた」都内で4月20日に開かれた記者会見で、4月1日に日立製作所の会長兼社長に就いたばかりの川村隆(69)は、そう言い放った。「前任の古川一夫(62)、その前の庄山悦彦(73)時代を総括するとどう評価できるか」と問われてのセリフだった。長い日立の歴史の中でも、前任者の執政を真っ向から否定した新社長はいなかっただろう。しかし、川村は前会長で現取締役会議長の庄山、前社長の古川の経営にあっさりと「ノー」を突きつけた。強権を握ったトップの誕生と見まがう光景だった。3月16日に発表された日立の社長交代は、誰の目にも異様だった。日立副社長を2007年に退任し、子会社の日立マクセルと日立プラントテクノロジーの両会長を務める川村はもはや隠居の身。それをあえて本社の社長に呼び戻したのだ。川村の名前を聞いても本社幹部の多くが、その人となりを思い出せなかったのは、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。