「パイオニア再建」に群がる冨山氏ら産業再生機構人脈

2009年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

パイオニアの再建をめぐり、産業再生機構でCOOを務めた冨山和彦氏が動き出した。パイオニアは政府の公的資金を「呼び水」に、民間からの資本支援による生き残りを模索しており、冨山氏もこれに一枚噛んでいる模様。冨山氏といえば、破綻した新興不動産パシフィックホールディングスの「幻の増資」にかかわり、「コンサルのカリスマ」の看板に傷をつけた。そのため、政府とのパイプを生かして「名誉挽回を目論んでいる」(米投資ファンド)という。パイオニアは「社債の償還に向け400億円の資本増強が必要」(小谷進社長)で、うち300億円は政府の公的資金を活用する方針だ。残る100億円については、先にカーナビゲーションシステムの納入先であるホンダから25億円の調達が決まったが、他に新たなスポンサーを獲得できるかが焦点。ところが、パイオニアとカーナビ開発で業務提携している三菱電機が「深入 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。