望月経産事務次官は続投特許庁長官に細野氏が昇格

2009年6月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

経済産業省(望月晴文事務次官、1973年旧通産省入省)の夏の人事異動は、望月次官続投を含む小幅なものになりそうだ。望月氏と同期の鈴木隆史特許庁長官は退官し、後任に細野哲弘製造産業局長(76年)が就く。細野氏の後任には、官房技術総括審議官から関東経済産業局長に外れた塚本修氏(77年)が返り咲く。次官級の薦田康久原子力安全・保安院長(75年・技官)も退官し、後任は寺坂信明商務流通審議官(77年)が就く。注目されるのは、石毛博行経済産業審議官(74年)の去就である。仮に石毛氏が退官となれば、岡田秀一通商政策局長(76年)の昇格が順当で、その後任には藤田昌宏貿易経済協力局長(77年)が回る。そうなると玉突きとなり、通商・貿易畑でかなり大きな異動となる。来るべき総選挙で民主党政権が誕生する可能性があり、役所としては今夏の異動は小幅にとどめたいところ。次官級ポストで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。