話題の朝日・テレ朝・毎日の役員人事

2009年6月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

今年話題のマスコミ人事といえば、朝日新聞の次期社長の最有力候補と目されていた吉田慎一常務が4月1日付で取締役を外れ、上席役員待遇になったこと。編集・国際担当として重要なポストだが、社長レースからは脱落したようだ。吉田氏は秋山耿太郎社長と同じ政治部出身。入社年次では8年後輩で、常務時代は営業統括を担当し、同社では珍しい政治部出身同士のバトンタッチが予想されていた。ところが、昨年頃からは秋山社長との不仲説も囁かれだすなど、営業不振の責任を取った格好だ。6月24日以降の新体制では衆目の一致する社長候補が見当たらず、「ポスト秋山は秋山」という声も。長男の不祥事で一時は弱気だった秋山氏に長期政権説も出ている。テレビ朝日は6月25日に生え抜きの早河洋副社長が社長に昇格する。社長から会長になる君和田正夫氏、その前任の広瀬道貞氏はともに朝日新聞で代表取締役専務 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。