日本語版ウォールストリートVS日経新聞

2009年6月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

長らく「日経新聞」の独壇場だった日本の経済ニュース市場に手ごわい挑戦者が出現する。米有力経済紙「ウォールストリート・ジャーナル」(WSJ)を発行する米ダウ・ジョーンズ(DJ)が、日本のネット金融大手SBIホールディングスとの合弁で5月中に日本法人「WSJジャパン」を設立。年内に日本語のニュースサイトを立ち上げる。WSJ本紙や投資専門誌「バロンズ」などDJの英文記事を日本語に翻訳し、基本的に有料で提供する。DJは3月からWSJアジア版(英文)の印刷・配達などで読売新聞と提携。WSJ本紙の社説、解説記事の邦訳が読売の紙面に載り始めており、日本戦略を加速している。一方、北尾吉孝社長が率いるSBIは、かつて「兜町の朝日新聞」といわれた「株式新聞」を05年に買収。日本人の証券・金融取材記者を多数抱える。WSJジャパンはDJが6割、SBIが4割出資し、DJ主導だが、社長は北尾氏が兼務する。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。