ニューヨーク・タイムズが 「電子書籍端末」で生き残り

2009年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米名門紙ニューヨーク・タイムズが今年第1四半期(1~3月)決算で7447万ドル(約74億円)と、過去最高の最終赤字を計上、経営危機が表面化している。そんな中で救世主と期待されるIT機器が今夏、米ネット通販最大手のアマゾン・ドット・コムから発売される。雑誌サイズの電子書籍端末「キンドルDX」。画面を従来機の2.5倍に拡大して、新聞を読みやすくしたうえ、無線でネット接続し、新聞を直接ダウンロードできる。NYタイムズはワシントン・ポスト、ボストン・グローブとともにアマゾンと提携。このDX(定価489ドル=約4万8千円)を電子版購読者にさらに割安で提供する。電子版の記事配信料も宅配・駅売りの紙版よりも安くする作戦だ。NYタイムズ紙は部数こそ100万部を維持しているものの、広告収入が前年比3割のペースで落ち続けている。昨年秋には社債の格付けが投資不適格の「ジャンク債」にまで落 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。