国交省次官レースは竹歳誠氏がわずかにリード

2009年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

国土交通省の夏の幹部人事は、春田謙事務次官(72年旧運輸省入省、60歳)の後継が焦点になっている。順当にいけば次は旧建設省の番であり、ともに72年組の竹歳誠国土交通審議官(59)と谷口博昭技監(60)の一騎打ちになる。竹歳氏は旧建設の事務系のエースとして都市・地域整備局長、総合政策局長、官房長を歴任。一方、技術系の谷口氏も近畿地方整備局長、道路局長などを経て、互いに次官候補と目されてきた。省内には「道路特定財源の一般財源化をめぐる混乱が続き、それが谷口氏に不利な材料となっている。竹歳氏がわずかにリード」との声がある。しかし、国交省次官には、現在の春田氏まで3代続けて旧建設の技術系以外から起用されたため、技術系の間には「谷口次官」待望論がある。次官人事は今国会閉幕後に固まる見通し。両氏の競り合いが続きそうだ。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。