悩み深きプリンセスの育て方

愛子内親王はじめ個性豊かな未婚皇族が8人も。彼女らに品格がなければ宮家の存続は覚束ない。

2009年6月号 LIFE [知られざる皇室姫君の日常]

  • はてなブックマークに追加

博士論文に挑む姫宮から、「皇族の品格」を問われるプリンセスまで、皇室には8人の未婚女性がいる。彼女らが皇室を支えなければ、悠仁(ひさひと)親王が天皇になるころには、宮家の存続は覚束ない。だから皇室典範の改正は、看過できない問題なのだ。改正の行方によっては愛子内親王が皇位を継ぐこともあり得よう。女性皇族が“主役”になるという、想定もしなかった事態を視野に入れ、急ぎ帝王学や皇族教育について考える必要がある。彼女らの「いま」を見ながら、皇室のあり方を考えてみる。

愛子内親王に帝王学を

まず8人のラインアップである。 ▽皇太子家・愛子(7歳)=学習院初等科▽秋篠宮家・眞子(まこ)(17)=同高等科、佳子(かこ)(14)=同中等科▽寛仁(ともひと)親王家・彬子(あきこ)(27)=英国オックスフォード大学大学院、瑤子(ようこ)(25)=日本赤十字社嘱託▽高円宮家・承子(つぐこ)(23)= ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。