「自民党の火種」中川秀直が蠢動

「アンチ麻生」の中川が、麻生側近の菅義偉に急接近。総選挙前に勝負に出るか。

2009年6月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

 4月28日午後、衆院本会議場の壇上では、民主党幹事長・鳩山由紀夫が与党議員から盛んに野次を浴びながら、2009年度補正予算案に関する代表質問を続けていた。民主党議員からの援護射撃は、年明けの代表質問の時と違って勢いがなかった。西松建設の巨額献金事件以来、「攻守」所を変えた国会を象徴していた。そんななか、冷めた視線を投げていたのが自民党元幹事長・中川秀直(65)だった。

菅義偉との「勉強会」の波紋

4月24日。中川をゲストとする会合が東京・西麻布のダイニングバーで開かれた。顔をそろえたのは主催者の自民党元幹事長・武部勤のほか、佐藤ゆかり、猪口邦子、越智隆雄ら小泉チルドレンたちだった。 中川はこう切り出した。「民主党側でも、自民党側でもいろいろな動きがあるかもしれないが、とにかく目先のことに焦らず、国家ビジョンを持ってやっていこう」ビールから赤ワインへ、中川は酒量が進むにつれ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。